園だより

毎月、園では火災や地震などに備えて避難訓練を行っています。併せて、紙芝居や絵本で安全な暮らしや避難の仕方を知らせています。ご家庭でも日ごろから近所の空き地や学校など、万一のときの安全な避難場所や行動を日常生活の中で話し合っておくといいですね。

高温多湿のこの時期は、食中毒の発生が多くなります。食中毒予防の3原則「菌をつけない・増やさない・やっつける」を守ることが大切です。食事を作る人も食べる人もきちんと手洗いをしましょう。また、買ってきた食材はすぐに冷蔵庫に入れ、作り置きは避けましょう。食中毒菌は熱に弱いので、調理の際は85℃以上で1分以上加熱しましょう。

気温も湿度も高くなり、体調を整えるのに気を遣う季節です、一番大切なことは、生活のリズムを整えること。日が長くなってきてどうしても大人の生活に引き込まれがちですが、子供は体も疲れやすくなっています。バランスの良い食事、三食きちんと食べること、睡眠をしっかりとること。早寝早起きが大切です。

長い長い自粛期間にご協力ありがとうございました。子どもたちは久しぶりの保育園に緊張したり、不安になったりすることもあるかと思います。一人一人の気持ちに寄り添いながら、安心して保育生活ができるよう、心を配っていきたいと思います。どうぞ、よろしくお願いいたします。

園庭の若葉が青々と元気いっぱいにのび、風薫る5月となりました。新型コロナウイルスの影響で行事も先が見えない状況が続き、気持ちも沈みがちですが、健康・安全に気を付けて、規則正しい生活を心がけましょう。早く収束して子どもたちの元気な姿が見れるのを楽しみにしています。

新入園児・進級児ともに、この時期は計り知れない不安や緊張があります。登園を嫌がって泣いたり、不安がったりすることがあります。でも、やがてクラスの先生に親しみを持ち、環境に慣れるにしたがい、少しずつ解消していきます。ご家庭ではギュッと抱きしめて「よく頑張ったね」と子どもの気持ちを受け止めてあげてください。