園だより

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。お正月の伝承遊びといえば、凧揚げや羽根つき、福笑いやかるた、すごろくと様々な遊びがあります。外でいっぱい走ったり、相手の心を読みながら勝負をかけるなど、伝承遊びには子どもの成長によい要素がいっぱい詰まっています。遊びを通して人とかかわることの楽しさや考える力をはぐくんでいきましょう。


※↓下の園だよりを押すと大き・・・

12月はクリスマス・年末行事などいろいろな楽しいことがありますが、大掃除やお正月準備で気ぜわしいものです。ですが、子どもたちはこの時季を楽しみにしています。この機会に、クリスマスの飾りつけを一緒にしたり、大掃除の簡単な手伝いをさせてみてはいかがでしょうか。「お手伝いできた」という、満足感が大切です。きちんとできたら、「よくできたね」「たすかったわ」とほめてあげてください。

秋から冬への移り変わりで、落ち葉のヒラヒラと舞い落ちる季節となりました。日中は暖かい日もあり、戸外で縄とびに挑戦したり、ボール転がしやサッカーなどをして元気にあそんでいます。いろいろなことにチャレンジしようとする姿や目標をもってあきらめずに取り組む姿、お友だちのよいところやがんばりを認めて応援している姿を大切にして過ごしていきたいと思います。

高く澄んだ空を見て、秋になったことを実感する今日この頃です。戸外で心地よい風を感じたり、色づき始めた木の葉を集めてかけあったり、木の実を遊びに取り入れるなど、身近な秋の自然に触れながら楽しんでいきます。その中で、様々な色の葉がある事や、木の実の種類や形に気付くなど、子どもの興味を深めていきたいと思います。

春に子どもたちが植えたさつまいもの苗が、夏の間にぐんぐんとつるを伸ばしました。かわいいハート形をしていた葉っぱも、今では子どもたちのこぶしより大きくなりました。地面の下には、きっと大きないもができているに違いありません。穫れたさつまいもは、給食でいただきたいと思います。

夏の暑さでうだっているのは大人ばかり。子どもたちは水遊びに夢中で、暑さなんかなんのその。活動エネルギー全開で、夏ならではの遊びを満喫しています。また、疲れが出やすい時期なので、早寝をし、一日の疲れを次の日に残さないよう、気を付けていきましょう。

楽しみに待っていた水あそびのシーズンがやってきました。年齢に合わせて水に親しむ活動を計画しています。体調に留意してプールに入りますので、プールカードへの記入を忘れずにお願いします。また、衣服へのご記名もよろしくお願いいたします。

畑のじゃがいもがグングン伸びてきました。収穫を楽しみにしている子どもたちです。まもなく梅雨に入りますが、今年の雨の量はどうでしょうか?雨が降る様子に関心を持ったり、蒸し暑さに負けずに遊んだりして、汗の始末、手足の清潔などの生活習慣にも目を向けていきたいと思います。

さわやかな風が心地よい季節になりました。園にはとても大きなこいのぼりが泳いでいます。
子どもたちは園生活に少しずつ慣れてきて、だんだんと動きも活発になってきました。園庭で元気に遊んだり、園の周りを散歩したりと春の自然と大いに触れ合いたいと思います。

春の花が満開になり、いよいよ新しい園生活のスタートです。子どもたちは慣れない環境の中で、緊張したり疲れたりしています。毎日元気に登園できるように、早寝・早起き・朝ごはん・トイレ・着替えなどの習慣をつけましょう。園から帰ったら、ゆっくり休んだり甘えたりできるように、家庭では安らぎの時間を大切にしてください。